☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

夫の単独名義の住宅ローン付き。そんな家に離婚後も住み続ける方法とは?

こんにちは、MISTYです♡

今日も前回にひきつづき、住宅ローン問題について。

 

住宅ローンが夫名義の場合、元嫁が住み続けるのはリスキーです!

銀行は、夫の信用力をみて融資をしますので、その夫が家を出ていくとなると、一括返済を求めてくる場合があるようです。

 

でも、離婚したって言わなきゃ、銀行にバレなくない?

 そう思われるかもしれませんが、万が一にも後々バレた場合、相当印象悪くないですか?

一括返済を求められたら、一括で払えますか?

いや、払えるんだったら最初からローン組まないでしょ…って話ですよね。

払えないです。

 

そうなったら、家を任意売却してみんなで出ていくしかありません。

じゃあ、どうしたらこの家に住み続けられるの…??

MISTYが実際に検討した選択肢は、「債務引き受け」です。

f:id:misty-s:20180514220514j:plain

 

住宅ローンを妻単独で借り換えるなら、銀行も文句はない。ただし…

債務引き受けとは、夫の債務、つまり住宅ローンを妻ひとりで引き受けるということです。

銀行も最初は夫の経済力を信用してお金を貸してくれたけど、奥さんも働いてるし、ひとりでも十分返していけるじゃん! と判断してくれた場合に限り、この「債務引き受け」は可能となります。

 

MISTYもこの選択肢を検討して、源泉徴収票や課税証明などの書類と、夫と自分の実印を持って銀行の窓口に相談しに行けば、債務引き受けができたかもしれません(あくまで可能性だけど)。

でもね… この条件って、結構シビアでしょ。専業主婦からシンママを目指す人や、家計の足し程度にしか働いていない方なんかだと、金融機関から債務引き受けを認めてもらえるケースはほんとに稀なんだそうです。

 

住宅ローン付の家を抱えて離婚……、難しいです。 

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚予定へ
にほんブログ村