☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

シンママの保険事情

こんにちは、MISTYです♡

 

「年金だけでは老後2000万円たりない」「年金がもらえる額が減る」などとニュースになってましたね。

高齢化社会が進む現在、税金を納める人が減って年金をもらう世代の人が増えるんだから、現在の水準の年金がもらえないのはむしろ当たり前なこと。自助努力を始めるのは早いほうがいいですから、30代後半のMISTYも数十年かけて頑張って備えようと思います!!

 

シングルマザー、保険を見直します 

シングルになってから今まで以上に、自分の身になにかあったら…という危機感が強くなりました。FPさんとか保険の相談にちょいちょい行くようになり、自分がまだ健康なうちに適切に保険でカバーすることがとても大切ということがわかり、

30代のうちに保険をしっかり見直すこと

を真剣に考え始めました。

 

保険はリスクに備えるために入るものですが、MISTYは下記の保険に入っています。

 

〇学資保険(子どもたち2人分)

個人年金保険(外貨あわせて複数。死亡保険金つき)

医療保険(かけすて。終身)

がん保険(健康還付金あり)

〇団信

〇火災&地震保険

 

この間相談に行ったプロの方からも、「しっかり考えていいとこ押さえてますね」とお墨付きをいただきました^^

…しかし、現状ではあるリスクに対応できないことに気づいてしまったのです…!

 

f:id:misty-s:20190818013015j:plain

カバーしきれていなかったリスク 

たとえば、わたしが死んで子どもたちだけが残されてしまったとしたら。

家は住宅ローンの団信で返済がチャラになるので、子どもたちは引き続き住むことができます。

生活費については18歳まで遺族年金もあるし、ある程度キャッシュも残してあります。個人年金保険の死亡保険金もあるので、なんとか食べていけるでしょう。教育費に関しても、学資保険があるので少しは足しになるでしょう。

では、わたしが死なずとも、働けないくらいの病気やケガで入院や治療が必要になったらどうでしょうか。

傷病手当がもらえるとしても保障は3分の2ですし、もらえる期間も最長で1年半。生活は一気に苦しくなります。

住宅ローンの特約で一定の疾病の場合には返済が免除されるようにしていますが、要件を満たさなければひきつづきローンの支払いが残ります。固定資産税や管理費の支払いが毎年続くのも、ボディブローのように効いてくるでしょう。

そして、日々の生活費も同じように、いやそれ以上にかかるでしょうし、医療保険でカバーできない分の支出も少なからず出てくるでしょう。 

 

そう、私のいまの保険では、就業できなくなったときのリスクに備えることができていなかったのです。

ここをカバーするべく、収入保障保険への加入を検討しています。遺族年金や傷病手当の概算を出して、生活費や教育費と照らし合わせて足りない金額を計算し、それをカバーするのに最適な商品をいろいろと比較しているところです。 

どんな「万が一」でも子どもたちを守りたい

人生なにがあるかわからないけれど、自分が将来の子どもたちにしてあげられることは、全部してあげたい。だから、真剣に考えています。

特に、親の勝手で離婚しちゃった負い目があるので、余計に子どもたちへの気持ちが強くて。

定年過ぎてもローンが続くけど、もしその前に万が一があったとしても、子どもたちを守れるように。ママは頑張るよ^^ 

 

シンママ2年目。これから1つずつ願いを叶えていくよ。

こんばんは、MISTYです♡

 

引っ越しから1年が過ぎました

あー、去年の今頃は猛暑のなか引っ越しで大変だったのよねえ…なんて振り返りたいけどそんな暇もなく、特に感傷も感想もありません…

ひたすら今日1分1秒を必死にサバイブするシンママ生活です。あいかわらず。

 

はやくもお盆まっさかり。仕事も相変わらず忙しくて夏休みがとれず、お子たちは保育園&学童にお世話になっています。都内の通勤電車が少しだけ空いてるのがうれしい。

幸い実家が子どもたちを連れ出していろいろと遊ばせてくれているからいいようなものの、私だけではなかなか子どもたちの教育やらレジャーやらまで手が回りません。私がもうひとり欲しい…

 

願いを叶える出費。思い切っていろいろと新調しました

 

今年度に入り、生活の質を上げるために欲しかったものをあれこれ買いました。

その最たるものが洗濯乾燥機&PCです。

 

f:id:misty-s:20190814214144j:plain

 

洗濯機は引っ越しのときに買い替えるタイミングを逃してしまい、仕方なく騙しだまし使っていたけれど。形が今の洗面所の間取りにどうしても合わず、とびらを開くとき不便でストレスでした。結婚前に買ったモデルでもうガタが来ていたこともあり、思い切っていいやつに買い替えたのが今年の6月だったかな。

ヒートポンプのドラム式で、洗剤も自動投入!!これまで特に気なることもなく快適に使えて満足です!(^^)!

 

そしてつい最近いよいよPCがイカれてしまい…。洗濯乾燥機を買った際のポイントを足しにしてノートPCを新調しました。(ブログ更新できなかったのもこのためです…)

かなり吟味して買ったのですが、想像以上のよいものでした!

動作もさくさく快適。立ち上がりがめちゃくちゃ早い。静音もすばらしい。ノングレアだから目にやさしい。いいことづくめ!!

そしてそして、一緒にwacomのペンタブも買っちゃったので、デジ絵もはじめてみようかと思います(落書きレベルですが)!!!!

ソフトもいろいろDLしてワクワクしてます(笑)

 

シンママ2年目は、いろいろ変わったことに挑戦してみたくて。

1つ1つ願いを叶えていきますよー♪

 

離婚して1年たちました。

こんばんは、MISTYです♡

 

離婚して1年たちました

はやいもので、明日が離婚記念日(?)です! 去年の今日は住宅ローンの決済をして、翌日の25日に離婚届を出しにあちこち駆けずり回ったっけ。

 

misty-s.hatenadiary.jp

 

今にしてみると、よくあんなバイタリティーがあったなと思います。たった1年でものすごく人生が変わりましたが、よく決断してうまく動いたねぇ! と過去の自分を褒めてあげたいわ。

 

離婚後の新しい家族のカタチ

離婚後、引っ越しをして転校&転園をした子どもたち。名字や環境が大きく変化したものの、子どもたちの頑張りもあり、もうすっかりなじんでいます。

パパとはできる限り子育てを共有したいと考えていたので、月2回程度のペースで土日のどちらかに来てもらっています。たまに学校行事に一緒に顔を出したりもするし、LINEも基本的に毎日していて。ときには子どもたちと直接やりとりしています。

面会交流や連絡を取り合うことについては、離婚前に互いにじっくり話し合ったので、今のところはあまり抵抗がありません。むしろ、離婚前とあまり変わらず家族の時間が持てているので、子どもたちが安定していると感じています(もともと単身赴任が長かったしね)。

 

パパ不在の生活を隠さないお兄ちゃん

たまにお兄ちゃんがお友だちに「明日はパパが来る日なんだ!」と言うとびっくりされて、「一緒に住んでないの? じゃあパパはどこにいるの?」と聞かれることもあるんですよね。ハラハラ見守っていたら、「パパは秘密基地にいるんだ」「秘密基地ってどこ?」「教えられないよ、だって秘密なんだから。最寄りは〇〇駅らしいけどね」「ふーん」なんて会話をしていました。

うちが他所のおうちとはなんだか違うということは理解しているようですが、だからといって不安がったり、寂しがったり、私に理由を聞いてこようとはしない子どもたち。私が気になって、「うちはふだんパパがいないでしょう? 不思議に思ったりしないの?」と聞いてみたところ、「それがうちなんでしょ。いいじゃん、パパはまた来るんだから」とあっけらかん。

パパにいつでもまた会える・愛されているという安心感があるからこそなのかもしれません。

 

「パパとママがお互い好きだから、ぼくたちは生まれたんだ」

最近、子どもたちからよく、子どもが生まれる前のパパとママ(子どもたちいわく、おにいさん・おねえさんだった頃)の話をするようせがまれます。

ママは昔かわいかった(今もな)、パパは昔かっこよかった(今は…)、ふたりはお互いにこんなところが好きで、どこに出かけて何をしたか……なんて他愛もない話がとても面白いようです(そんな思い出もあんまりないけど)。

そんななかでも、「いまお兄ちゃんが一緒にベッドで寝ている大きなアルパカのぬいぐるみは、パパがママとお酒飲んだ勢いでクレーンゲームに挑戦し、何回もチャレンジしてやっととれたんだよ。ぬいぐるみを抱えて電車で持ち帰るとき、ママはめちゃくちゃ恥ずかしかったんだよ」、という話がお気に入りのようです(笑)

パパとママはお互いに好きで、楽しい時間をたくさん過ごして結婚した。そして自分たちが生まれた、ということがとても誇らしいようす。

それって、とてもステキなことだと思います。

f:id:misty-s:20190624232638j:plain

 

お互いに好きだったことは確かで、そのおかげで二人に会えたことは感謝しています。結果として離婚しちゃったけど、それでも子どもたちの自己肯定感を損なわないよう、しっかりパパと交流していくのはとても大事。それは同居親としての義務であり、自分の一時の感情で害してはいけない子どもたちの権利でもあると思います。

 

総括すると、今のところ正解!?

このアルパカのエピソードを語るたび子どもたちはケラケラ笑い、その笑顔があんまり可愛いくて。すごく些細なことだけど、幸せだなって思います。

…まあ、正直きれいごとばっかじゃない1年間だったけどね!

でもこうやって振り返ってみると、笑顔が増えてよかったなと感じます。黒い気持ちよりもハッピーな気持ちのほうが上回ってるんだから、結果として良い方向に向かっているのかな。

とりあえずシンママ2年生も、頑張ります!

 

ニコニコの運動会デビュー♡

こんばんは、MISTYです♡

 

転校後、初めての運動会!

先日、お兄ちゃんの小学校で運動会がありました。MISTYが子どもの頃は、運動会というと10月の体育の日あたりに開催されていましたが、最近は5月開催の学校も多いようです。

転校してきてから初めての運動会。団体種目とダンス、徒競走、そして低学年リレーの選手に選ばれたお兄ちゃん、午前も午後も出番があって大忙しです。

 

f:id:misty-s:20190519232413j:plain

 

離婚しても行事は両親そろって参加したい…との思いから、当日はパパも一緒に応援しました。

出番の合間に私が次の種目のベストポジションを確保しつつ、娘ちゃんが飽きてグズグズしだしたときは、すかさずパパが外の公園に連れ出すという連携プレー。こういうとき、パパがいてくれると助かります(^^;)

 

不本意な結果に落ち込む…と思いきや

結果はというと、お兄ちゃんは足がもつれたりバトンワークがうまくいかなかったりで悔しい思いをしたみたい。

さぞ落ち込んでるだろうなと思って、帰りに昇降口で待ち構えていたら、

 

好きな女の子と手をつなぎながらニッコニコの笑顔で出てきました(笑)

 

「〇〇くん、来年もいっしょにがんばろうね♡」

「うん!」

 

なんて、可愛らしい会話を交わしていたようで。

その後もお友だちに囲まれ、抱きつかれたり談笑したりして、すっかり人気者のおにいちゃん。

…かーちゃん、心配して損したぜ!!

 

一番の感想は「楽しかった!!!」

 MISTYも昔は足が速いほうでしたが、どうしても敵わない子がいて、運動会本番で悔しい思いをしたこともありました。負の感情をズルズル引きずりがちなタイプの私とちがって、お兄ちゃんは

「ちょっとうまくいかなかったけど、でもとーーーっても楽しかったあ!!」

と運動会を満喫できたようす。

根っから明るい性格がほんとうに羨ましいなあ。

 

出番を待っている間の様子を見ていても、周りのお友だちとじゃれ合ったり談笑したりして、いつの間にかすっかり溶け込んでリラックスしているので安心しました。

まだ馴染めてないのは私のほうだな…しっかりしなければ(^^;)

 

来年は娘ちゃんも1年生で参加します。種目が増えて親はたいへんだけど、お兄ちゃんも娘ちゃんも、お友だちと一緒に楽しく過ごせるといいなあ。

 

シンママの平成振り返り&令和の目標

こんばんは、MISTYです♡

 

令和がスタートしました

2019年4月30日で平成が終わり、翌5月1日から新しい元号の「令和」がスタートしました。令和になった瞬間は娘ちゃんの横ですやすやホカホカ熟睡していたので、幸せなスタートが切れました♡

おにいちゃんも娘ちゃんも健康でよく食べよく笑いよく遊ぶ、本当に子どもらしい子どもです。そんなふたりと平成の最後数年を歩むことができ、心から幸せだなあと思います。

 

昭和生まれのアラフォーMISTYが平成を振り返る

MISTYは昭和生まれですが、物ごころついてからほとんどの時間を平成で過ごしました。子どものころから温かい家族にめぐまれ、好きな勉強や趣味を追求して楽しく暮らしてこれたのは、両親や祖父母、きょうだい、恩師や友人らのおかげです。これは本当にありがたいことで、感謝してもしきれません。

進路に迷いに迷って社会人になったのがかなり遅かったですが、そこで出会ったパパと結婚し、息子と娘というたからものに恵まれました。その後はまあ色々あって、深い悲しみや壮絶な怒りなど、本来味わいたくない黒い気持ちに苛まれたこともありましたが。

パパに対する諸々の気持ちを飲み込み、子どもたちの幸せをただ願い、いまできることをがむしゃらにやっていこうと腹をくくってからは、不思議と穏やかな気持ちになれました。

 

MISTYが平成最後に得たもの

私が平成最後に得たものは、「執着心を手放したらラクになれる」という気付きです。

他人の気持ちだったり、お金だったり、自分の思うようにならないことはたくさんありますが、強くこだわればこだわるほど苦しくなります。若いうちは、そういうこだわり=愛だと思っていましたが、必ずしもそうじゃないんだなと。

ある意味あきらめの境地なのかもしれませんが、自分の執着心で自分が振り回されるより、いったん執着心を手放して心を落ち着かせる時間をとったほうがだんぜん健康でいられるということに気づきました。

f:id:misty-s:20190502014001j:plain

 若いうちはたくさん執着すればいいんです。その分、自分も成長できたり、色々な面で可能性も広がるから。でもアラフォーにさしかかったいま、しがみつくよりも手放してみたら、意外にラクに生きられるということに気付いてしまいました。

 

4年前、パパと再構築を目指して無理に笑顔でいたり、家事を頑張ったりして、その後第3子を妊娠して流産し、ボロボロになりました。

もう一度やりなおしたい。いつもきれいな家で家族においしい料理を食べさせ、ニコニコ笑顔でいたい。できれば3人目の赤ちゃんも産みたい。

…そういう執着を平成で手放したいま、すごく自然でいられます。

 

令和のわたしの目標。それは「自然体」であり続けることです。