☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

初めての漢字検定! 当日のようす

おはようございます、MISTYです♡

 

前回の続き。漢検当日のようすをまとめました!

 

misty-s.hatenadiary.jp

 

当日のようす

入室して準備

10級の試験は11:50~12:30の40分間です。(ちなみに10・9・8級は同じ時間帯に試験があるので、併願はできません。)

試験前に説明事項があるので、15分前には集合してください、とのこと。11:30くらいに教室が開いて、70名弱の子どもたちとその保護者が入っていきました。

教室のドアには座席表が張り出され、受験番号を見ながら自分の席を見つけます。長机の端と端に2名座るタイプでした。

 

お兄ちゃんと一緒に教室に入り、自分の席を見つけたら、支度をはじめます。お兄ちゃん一人では心もとなかったので、鉛筆や消しゴムを出したり、受験票を机の端に置いたりしてセッティングするところまでは一緒にやりました。

 

ひとりで頑張って準備している子もいましたが、そういう子にはスタッフが「忘れたものはないですか?」などと優しく声をかけてあげていました

 

教室には1つ時計がありましたが、手元に置いていても構わないとのこと。一緒に来ていた親御さんが自分の時計を外して置いていたのを見て、わたしも自分の腕時計を置いてきました。大きく針が見やすい時計を用意しておくのもいいかもしれません。

 

支度がひととおり終わったら、頑張ってね! ばいばーい! と親は教室を出ていきます。同じ建物内に控室があったので、そこで40分待つことにしました。

ちなみに、解答用紙には「名前」「受験番号」「受験会場」と各コードが印字されているので、子ども本人が書くのは「名前のふりがな」のみ。小さな子どもにも親切な試験です♡

 

 

終わってみて

12:30になると、廊下にお迎えの保護者がずらーっと並んでいました。ドアが開いて、続々と子どもたちが! 泣きべその子、満足そうな子、おなかすいたー!とテンションの高い子。いろんな表情のなか、最後に出てきたお兄ちゃんはなぜか固い笑顔を浮かべていました…

 

聞くと、のこり5分のところで読み問題を飛ばしていたことに気が付き、慌てて埋めたそうです…!!

「あっぶなーい!(笑)」と笑ったお兄ちゃん。

このわずか40分の間に、「緊張するー」とか「思ったより楽勝!」とか、「この書き順ほんとに合ってる?」とか、最後は「あぶなーい!」とか、色んな思いが交錯し、最終的にカチコチのぎこちない笑顔になったんだね…

 

f:id:misty-s:20181020074431j:plain

 

結果は1か月後くらいにウェブで分かるそうです。

合否関係なく、これからも少しずつ漢字の勉強がんばろう(*´ω`)