☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

初めての漢字検定! 申込み~当日まで

おはようございます、MISTYです♡

 

あいかわらず平日昼間は忙しくて、昼休みもなにも関係なくずっと働きづめの毎日です…
娘ちゃんのお迎えに行ったとき、「今日もママ、お昼ご飯食べられなかったんだ…」とグチると、「ええーっ、ちょっと抜ければいいじゃん!?できないなら仕事やめちゃえばいいじゃん!」と的確なコメントが…おそるべし4歳女子。

 

初めて漢字検定に挑戦しました!


さてさて。学校で漢字の授業が始まり、ますます漢字への興味が高まってきたお兄ちゃん(小1)。このモチベーションを何か形にしてあげたら自信になるのでは? という私の勝手な思惑により、先日初めて漢字検定に挑戦しました! もちろんいちばん簡単な10級ですが、お兄ちゃんの人生初試験にドキドキ(主に親が)。

というわけで、試験の様子をまとめてみました♡

 

申込み

級によっては学校単位で団体受験ができるところもあると思いますが、MISTYは個人で申し込みました。小学生向けの級の選び方や申込み方法、勉強のやり方などは、下記公式サイトをご参照くださいね。


www.kanken.or.jp

ちなみに、申込みはインターネット(キャリタス資格・検定)で簡単にできます♪ 個人的にすごく気に入ったのが、オンラインで申込みするときの決済に楽天ポイント」が使えるところ!! 引っ越しで色々とポイントがたまっていたので、現金0円で申し込めました(10級は1,500円です)。

 

当日まで

とりあえず公式のテキストと問題集を買ってきて、コピーしたりノートに書き写したりして進めました。 

 

いちまるくんシリーズは小学生(とくに低学年)向けで、途中に迷路やぬり絵のような遊び要素もあり、飽きずに取り組むことができました! 試験会場でもこれを持ってる子がたくさんいたので、スタンダードなのではないかと思います。

 

あとは、試験本番の問題を実際に解かせたかったので、実物大過去問も購入。コピーして繰り返しチャレンジしました。

 

 

これはやらせて大正解でした!

試験にはお作法というか、問題文を良く読んでそのとおりにこたえを書かないと、たとえ理解していたとしても0点になってしまう、ということがお兄ちゃんには分からなかったようで。

たとえば、「正しい読みの番号に〇をつけなさい」という問題で、ひらがなの部分に〇をつけてしまうと、不正解になってしまう。「線の右側に書きなさい」という問題で、左側に書いたら0点になってしまう、とかね。

ちゃんと問題文をよく読んで、そのとおりに書こうね、ということを学んだようです。

 

あと、問題用紙にはウラもありますよ~とか、実際にやってみないと分からないことだらけ(*_*; お兄ちゃんの当日の緊張感を減らすためにも、やってよかったと思います!