☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

ランドセルカバーを修繕しました

こんばんは、MISTYです♡

 

ランドセルカバーを愛用しています

子どもたちのお気に入りのランドセル。二人ともランドセルカバーをつけて使っています。

息子はシンプルな透明のものを選びましたが、小1娘は「キラキラ・かわいい」が大のお気に入り。カバーを選ぶときにも

・キラキラのハートやリボンがついた可愛いもの
・ライトを反射するタイプのもの(学童の帰りだと暗いので)

という条件で、↓こちらを購入して使っていました。

 

 

そして、使い始めてから半年ほど経った頃。

縁が裂けてきました…!!

娘ちゃんの使い方が乱暴だったのか?強度がさほど強くないのか?いずれかは分かりませんが、とにかく縁の結合部分が剝がれかけてきてしまい、急遽メンディングテープで留めて誤魔化していました。めちゃくちゃかっこ悪い。

そして昨日、とうとう右端のカーブ部分の縁がすべて剥がれてしまいました💦

悲しい… 処分してもう一度おなじものを買うべきか?

ふと息子のカバーを見ると、ぐるっとバイアステープで縁取りがしてあり、いまだにこういった壊れ方はしていません。

てことは、自分で縁取りして修繕できるんじゃね!?

 

ランドセルカバーをリボンで挟んで縁取ります

そこで、余っていたリボンを取り出し、カバーの縁を挟んでミシンで縫い付ける作戦を開始しました。

リボンの幅は10mm。淡いピンクのサテン地にゴールドの細いラインが入って、なかなか高級感があります^^ 娘のランドセルは赤に近いチェリーピンクなので、色も大丈夫そうです。

f:id:misty-s:20210130223506j:plain

幸い家庭用ミシンでも問題なく縫えました^^ カーブのところは縫い目の幅を狭くして、ひと針ひと針ゆっくり縫い付けていきます。(最初のカーブはリボンが浮いてしまい、失敗しました(*_*))

 

完成したものをカバーにつけ直したら、違和感なくなじんでくれました^^

リボンはずっと前に母からもらったものなので、負担0円で修繕完了♬ お気に入りのカバーをムダにすることなく、世界にひとつのカバーができました!

完成したランドセルを眺めて「ママ、すごーい!」と喜んでくれた娘。週明け2月から、このリメイク版のカバーで登校するのが楽しみなようです♡