☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

シングルマザーが都内の中古マンションを2回売って気付いた、家を上手に売るコツ。

こんにちは、MISTYです♡

年末に向けて仕事が忙しく、パソコンに向かう時間がありません…( ;∀;) 1か月更新できてなかったのですが、その間も訪問してくださってありがとうございます(;_;)  

 

思い出のつまったマンションが売れました

さて。離婚後最後の財産分与として残っていた、中古マンション。引っ越し前から売り出したところ、たくさん内見のお客さんが来てくださって。引っ越し後に空き家になった後も問い合わせをいただき、気に入ってくださった買主さんと交渉がまとまりました。そして、先日無事に決済と引渡し&登記移転の手続も終わり、晴れて財産分与も終わったというわけです。 

中古マンションを売るのは実は2回目ですが(2回とも中古フルリノベで購入→購入価格+αで売却)、販売開始から3か月くらいまでが勝負だと思います。半年も過ぎると、買う方も「ずっと売れ残ってるけど、何かまずい理由があるのでは?」と思いますし、不動産屋さんも「ちょっと価格を下げてみますか?」と言ってきます。

うちの場合は引越し先のマンションのローンも重なる「ダブルローン」状態だったので、いいタイミングで売れてよかったです。

 

中古マンションを売るためのポイント

都内の中古マンションを2回売ってみて気付いたこと。それは、売主側にもできることはたくさんある!ということです。

さすがにもう3回目は(すぐには)ないと思いますが、忘れる前にまとめてみました。

 

・可能なら居住中から売り出すほうが◎

うちの場合は2回とも居住中から売り出しました。ダブルローンの問題もあり、早いに越したことはないと思ったからです。

「居住中だと内見に行きにくい」という買主さんもいらっしゃいますが、立地と住環境と間取りだけでも見ておきたい・家具の配置を参考にしたい・カーテンや照明、家具を置いていってもらえるか内見のときに軽く聞いておきたい、という方もたくさんいました。

実際、1軒目の家を買ってくださった方に、カーテンをそのまま差しあげました。引越し先の窓の幅が合わなくてもったいないなと思っていたので、ちょうどよかったです^^

 

・検索サイト掲載の写真はとっても大事

家を探す人は、アットホームやスーモなどで検索し、内見を申し込むケースが多いです。なので、そこに掲載されている写真を見て「気になるな、実際に見てみたいな」と思ってもらえるかが第一関門となります。

 

f:id:misty-s:20181216090740j:plain

 

さすがに居住中なので、新築ピカピカ、モデルルームみたいなステキな写真!とまではいきませんが、清潔感があって明るいお部屋の写真なら好印象だと思います。

スマホで十分ですが、できれば天気のよい午前中に撮るのがオススメです。自然の太陽光はすごーく映えます。逆に夕方や夜に撮ると、なんとなく暗ーい印象になってしまうので要注意(本当は不動産屋さんが撮りに来る予定だったのが、夜しか空いてなかったので昼間に自分で撮ったという…)。

私は各部屋、水回り、ベランダ、浴室乾燥やインターホンの液晶モニターなど「売り」になりそうなポイントのほか、オートロック・エントランス・宅配ボックスなどの共用部分の写真(ただし他の方の個人情報が写らないよう注意)を撮って載せてもらいました。

 

・内見当日は女性が応接するとよい(子ども・ペットもいれば◎)

内見当日にお客様がいらっしゃる!というとき、こぎれいに掃除しておくことは言うまでもありませんが、できれば女性が応接したほうがよいと思います。パパもいてもいいけれど、女性が応接するとお客様も身構えなくていいですし、あれこれ聞けるような雰囲気になっていいかと。

内見は5~10分程度で終わることが多いですが、子どもやペットもいると場がなごんでいいかもしれません(大騒ぎにならない程度に)。 

それから、ごく稀ですが、内見当日に「安くなったりしませんかねー」と価格交渉をにおわせてくる場合もありえます。そんなとき、パパがいなければ「わたしの一存ではちょっと…夫次第ですかねー」と逃げることができるので、その意味でもパパがいないと気楽です(笑)

 

・細かい生活情報は、聞かれたら親切に教える

あとは、特に女性の買主さんだと、住んでみないと分からない細かい情報を内見のときに聞きたいという方も多かったです。ゴミ出しのルールや夜の騒音、マンション内の住人の様子、普段の買い物はどこでするか、などなど。けっこう大事な情報ですもんね。

お子さんのいるファミリーだと、学区域や登校班の集合場所、保育園の情報なんかも聞かれたりしました。近所の評判のよい小児科や、遊具が充実した公園、オムツの安いドラッグストアなどの生活情報を提供したり。

間取りや設備はネットを見れば分かります。お客様は内見で「ネットで知り得ない情報」を聞きにきています。

ただし、こういった情報は、「聞かれたら答える」というスタンスがよいと思います。こちらからペラペラしゃべると、たいてい引かれますから…

 

・まとめ

こんな感じで、購入価格+αでマンションを売却することができました。

最終的には人と人とのご縁だと思いますが、いいご縁を引き寄せるためにも自分でできることはたくさんあるのではないかと。

我ながら毎日の仕事・子育ての合間によくやったなー(白目)と思いますが、ご参考までに。。