☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

お兄ちゃん、あなたの絵はステキだよ!だって世界に一つだから。

こんにちは、MISTYです♡

 

夏休みもあけて、通常の授業が始まりました。お兄ちゃん(小1)は新しい学校で、新しいお友だちと一緒に楽しんでいるみたいです。

すでに8月から学童で過ごしているので、そこでお友だちが何人かできたことが奏功したみたい。学校にすでにお友だちがいることが、ものすごーく心強いみたいでわたしも安心です♡

 

小学生向けのコンクールに挑戦!?

夏休みシーズンって結構コンクールやらコンテストやらがあるんですね。参加資格が「小学生以上」というものが多いので、これまで全然気にしたことがなかったのですが、本人がやる気があれば取り組ませてもいいかなーと。

とはいえ、わたしも平日は仕事しているし、お兄ちゃんも学校やら学童やらで多忙。娘ちゃんもなんだかんだジャマするし(^^;) あまりじっくり取り組んでいる余裕はありません。

土日だけで、あんまりあちこち出かけなくて済むような課題で、かつお兄ちゃんが興味が持てるようなものがあったらいいなーと、いくつか調べてみました。

 

で、お兄ちゃんが乗り気になって、実際に応募したのがこちら。

 

第36回 メトロ児童絵画展

 

f:id:misty-s:20180908212433j:plain

メトロ児童絵画展 | 公益財団法人メトロ文化財団

 

東京メトロの関連団体が主催する、地下鉄をモチーフとした絵画のコンテストです。小学生ならだれでも参加可で、とにかく1枚描いてみて、最寄りのメトロの駅員室へ持っていけばいいという手軽さもあって、参加してみました!

しかもね、参加賞として全員記念品がもらえるんだとか。ティッシュとかの粗品じゃなくて、オリジナルの絵の具セットというところが、さすが東京メトロ(*‘∀‘)

入賞とか関係なく、絵の具を楽しみにしています(笑)

 

自分の絵に自信をもってほしい

 

お兄ちゃん、実は保育園時代から「制作物の提出がおそい」「とりかかるのに時間がかかる」と言われていました。

決して絵がヘタというわけではないのですが、描いているところをお友だちに見られるのが心底恥ずかしいそうなんです。以前、描いているところをお友だちにからかわれたことがあるようで、軽くトラウマになっちゃったみたい。

おうちで黙々と描いているぶんにはまったく問題ないのですが、学校や学童で何かを描くときもまだ抵抗があるようで。ママとしては少しでも自信をつけさせてあげたくて、今回の応募となりました。

 

お兄ちゃんは入賞できるか気になっているようですが(そりゃ頑張って描いたもんね)、べつに入賞しなくたっていいんです。

目的をもって、自分の意思で頑張って1枚描き上げたこと。どんな構図にするか、どの電車の絵を描くか、考えて描いたこと。色鉛筆ではみ出さずに気を付けながら塗ったこと。

全部、自分でやり遂げたことがすばらしいと思います。だから、描き上げたときに「すごくステキな絵だね! 他にたくさん応募する子や上手な子がいるかもしれないけれど、ママはお兄ちゃんの絵が一番好きだなあ」って伝えました。

世界に一つのステキな作品。

どうか、お兄ちゃんが自信をもつきっかけになりますように。