☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

新しい環境で、それぞれの試練

こんにちは、MISTYです♡

 

お盆のあっつい中、我が家は通常運転。ママは仕事へ、お兄ちゃんは学童へ、娘ちゃんは保育園へ。今日はさすがに電車がほんの少しだけ空いていましたが、都心は相変わらず人が多くて…。もっと休もうよ、みんな。

 

あたらしい毎日。学童も保育園も頑張っています!

さてさて。しばらくバタバタしていましたが、この8月からお引っ越し先で新しい生活が始まりました。


お兄ちゃんは公立の学童へ。夏休み中ですが、同じ小学校のお友だちと一緒に遊んで、帰りも同じ方向のお友だちと一緒に帰るなど、すっかり馴染んでいる様子。

 

「今日はね、ドッジボールでこんなギャグをやったんだ! みんなゲラゲラ笑ってたんだよ! 明日はどんなギャグをやろうかなぁ」

 

と嬉しそうに報告してくれるお兄ちゃん。ドッジボールって逃げたり当てたりするのに忙しいはずなのに、いつギャグをやるんだ!?という疑問はさておき。

もともと社交的な性格なんで、こういうとき心底いいなあと思います。

基本、ぼっちでジグソーパズルとかやってたMISTYの子ども時代とは全然ちがーう! ママに似なくてよかったね…(^_^;)

 

一方、娘ちゃんはママに似てしまったらしく。新しい保育園のクラスに入ったものの、まったく馴染めず毎朝ギャン泣き状態です。

 

お友だちや先生の顔と名前を覚えるのが苦手。知らない子に自分から声をかけるのも不安。そんな性格が災いし、何かイヤなことをされても「名前がわからないから先生にも言えないの」とのこと。うーん、困った。

 

年度途中での転園(年中さん)は親が思うよりも負担大だった

先生いわく、乳児時代と違って4歳は分別もつく年頃なので、自分の置かれた状況がよく分かっている、慣れるまでしばらく時間がかかるのは当然のことなので、泣いていいよーと温かく見守ってあげてくださいね、とのこと。

 

f:id:misty-s:20180620225331j:plain


今日は保育園行かなくていい? と毎朝聞いてくる娘ちゃんに、「今日も明日も明後日も、ずーっとあるよ!」と心のなかで思いつつ。朝暴れられて遅刻するわけにもいかず、引きずり倒すようにつれて行くこともあるし。

温かく見守るって、結構難しいのです。

 

私は同じ職場で仕事しているけれど、家までの通勤が遠くなり、学童のお弁当づくりも加わり、引っ越し荷物も捌ききれないまま、毎晩ぐったり泥のように眠る日々。

自分のケアもままならない中、子どもたちのケアを真っ先にしなきゃとは思いつつ、なかなか思い通りに行きません。

 

しばらく、試練の日々が続きそうです。。

 

頑張れ、子どもたち。