☆MISTYのシンママ生活☆

都内在住30代、シングルマザーのMISTYです。子どもたち2人(+ときどきパパ)との生活を、前向きにつづります。

離婚給付等契約その1~本旨

こんばんは、MISTYです♡

 

というわけで、前回のつづき。

離婚給付等契約の公正証書原案を作るうえで一番最初に書くべき「本旨」から。

 

離婚給付等契約の「本旨」とは

 

契約書には「本旨」というものを冒頭に書きます。

よく「債務の本旨に従って履行をしなさい」などといわれることがありますが、要するにこの契約はどんなことを定めているのか、というのを冒頭に書いておくわけです。

 

離婚給付等契約の「本旨」・文例

 

本  旨

夫・○○○○(昭和○年○月○日生まれ。以下、「甲」)と妻・○○○○(昭和○年○月○日生まれ。以下、「乙」)は、甲乙間の離婚について、以下のとおり離婚給付等契約を締結する。

 

離婚給付等契約の「本旨」・解説

この契約では、夫と妻が離婚するに際し、色々と払うものや分けるものがあるので、以下の条文で具体的に定めますよ、といういわば契約のプロローグに当たる部分です。

 

f:id:misty-s:20180614150001j:plain

 

だいたい「夫」から「妻」へ支払うことが多いために、夫が「甲」、妻が「乙」となることが一般的です。

が、専業主夫の夫が子どもを引き取り、バリキャリの妻が養育費を支払う、という場合はこの「甲」と「乙」が入れ替わると思われますので、適宜アレンジが必要です。

 

 

 

 

にほんブログ村 家族ブログ 離婚予定へ
にほんブログ村